読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

on foot

30歳から始める趣味…それは登山!!

【テント泊】日本百名山・金峰山&瑞牆山登山!初めてのテント泊は山あり谷あり(瑞牆山編)

5/28・29に日本百名山金峰山、そして瑞牆山に登ってきました。今回は大ヤスリ岩が有名な岩峰・瑞牆山編です。大ヤスリ岩、下から見るか?上から見るか?

f:id:shutashooter:20160608232947j:plain

※前回の金峰山編からの続きになります。

 

shutashooter.hatenablog.com

 

 

【ルート】

富士見平小屋(1,812m)-天鳥川-桃太郎岩-瑞牆山山頂(2,230m)-桃太郎岩-天鳥川-富士見平小屋(1,812m)-みずがき山荘(1,520m)

 

山と高原地図 金峰山・甲武信 2016 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 金峰山・甲武信 2016 (登山地図 | マップル)

 

 

 

【ふりかえり】

山の朝は早い(情熱大陸っぽく…)、4:30位に起床しました。他の人たちも徐々に動き出している感じでした。体調不良であまり寝れていない割には心身ともに爽快な気分!

f:id:shutashooter:20160608232919j:plain

 
朝飯は夕飯にするつもりだったカレーに。大リーガー・イチローに倣ってカレーで元気&エネルギーチャージ!!アレンジでスライスチーズを加えてチーズカレーにしてみました!!

f:id:shutashooter:20160608232917j:plain

 

昨晩は夕飯を食べれず空腹すぎてぐっすり寝れないほどだったのでめちゃくちゃ美味しくいただきました!アマノフーズさんありがとうー!!!

f:id:shutashooter:20160608232918j:plain

 

 

 
朝食後は帰りの準備もしつつ身支度を。

f:id:shutashooter:20160608232922j:plain

 

テント泊した富士見平小屋から瑞牆山山頂までは往復3時間程度(登り2時間、下り1時間)ですが昨日の件もあるので水分は余分に持っていくことに。水場は水が汲みやすいような工夫がされていていました。ありがたいです!!

f:id:shutashooter:20160608232920j:plain

 

序盤、富士見平小屋から天鳥川までは少し登った後すぐ下りになります。ウォーミングアップには申し分ないですが瑞牆山から帰ってくるときは地味に辛いです。木々の隙間から瑞牆山がちょこんと見えましたがほんと面白い形!中国の水墨画に出てくるどっかの山とかを彷彿とさせる全容。なんとなく秩父の二子山を思い出しました!あの山もすごかったなぁ(遠い目…)

f:id:shutashooter:20160608232925j:plain

 

shutashooter.hatenablog.com

 

出発は6:00前後でしたが結構登っている人たちはいました。中には下りてくる人たちも!もしかしてご来光見たのかな?

f:id:shutashooter:20160608232926j:plain

 

天鳥川を過ぎ桃太郎岩を越えるといよいよ瑞牆山の本領発揮です。桃太郎岩…で、でかい!!

f:id:shutashooter:20160608232927j:plain

 

ちなみに桃太郎岩だけでなく登山道中に見た大きな岩はどれも枝で支えている風でしたがなんなんですかねこれ?

f:id:shutashooter:20160608232932j:plain

 

ベタですけど僕も火事場のクソ力で岩を支えてみました。

f:id:shutashooter:20160608232935j:plain

 

桃太郎岩以降はひたすら急登が続きます。登りが2時間なのに対し下りが1時間というのも納得の急登っぷり!写真だと純情な感情のように1/3も伝わらないのですが♪

f:id:shutashooter:20160608232929j:plain

 

岩に手をかけることも多いのでグローブ等があるといいかなと思います。ストック使って登っている人もいましたが随分取り回しにくそうでした。

f:id:shutashooter:20160608232936j:plain

 

登っている最中は木々に囲まれているのであまり展望は良くないですが大ヤスリ岩の下あたりまでくると少しずつ開けてきます。大ヤスリ岩、下から見ても面白い形!そしてでかい!僕が登っている最中はいませんでしたがクライミングスポットにもなっているようです。登ってる姿見てみたかったな〜

f:id:shutashooter:20160608232938j:plain

 

急登を登り切れば山頂まであともう少し!木々に差し込む光が気持ちいい!

f:id:shutashooter:20160608232939j:plain

 

最後にハシゴを登れば山頂です!!最後まで油断せずに行きましょう!!

f:id:shutashooter:20160608232940j:plain

 

どーん!!!

f:id:shutashooter:20160608232941j:plain

 

前日とは打って変わって快晴でした!!あんなに大きい五丈岩が小さく見えます(写真中央)。近いようで結構遠いんですね笑

f:id:shutashooter:20160608232943j:plain

 

天気も良いし何より体調もすこぶる良いしので本当に気持ちが良かったです!南アルプスをバックにして絶え間なく愛を注ぎたくなります♪気分はGLAY

f:id:shutashooter:20160608232945j:plain

 

BELOVED

BELOVED

 

 ※GLAYで一番好きなアルバムです。

 

瑞牆山は展望もすごく良く周辺の山々をたくさん見ることができます!!向こうには八ヶ岳

f:id:shutashooter:20160608232948j:plain

 

山頂から見る大ヤスリ岩と僕!

f:id:shutashooter:20160608232952j:plain

 

高所感はやっぱりすごいです!!膝がビートを刻んでいました笑

f:id:shutashooter:20160608232949j:plain

 

何もかもが大きいので人が豆粒のよう。ちなみに写真中央の出っ張った影が僕です。小っさ!!

f:id:shutashooter:20160608232951j:plain

 

富士山と僕!もうテンションが上がりっぱなし!!「I can fly!!!」と飛び出したくなりますが天国にsuperflyしてしまうので絶対に止めましょう!

f:id:shutashooter:20160608232955j:plain

 

山頂にもっといたいのはやまやまでしたが時間が経つにつれて人も増えてきたのでここいらで退散。

f:id:shutashooter:20160608232950j:plain

 

下りはあっという間でした。登りがきつかった分下りが本当に早かったです。

f:id:shutashooter:20160608232956j:plain

 

この時期はちょうどアズマシャクナゲの季節だったらしくきれいに咲いていました。

f:id:shutashooter:20160608232957j:plain

 

山中に群生しているのであちこちで見ることができました。

f:id:shutashooter:20160608232959j:plain

 

富士見平小屋に戻ったのは9:30頃でした。まだテントはたくさん残っていましたが多分僕のように金峰山瑞牆山に登りに行っているみたいでした。

f:id:shutashooter:20160608233001j:plain

 

その後は軽食を摂り撤収!登りの時は荷物が随分重く感じましたが帰りは慣れたのか結構楽に降りることができました!良かった!!単純に荷物が減ったからってだけかもですが。

f:id:shutashooter:20160608233002j:plain

 

帰りは団体客に巻き込まれないよう温泉は断念してさっさと韮崎まで戻りました(バスに乗れないかも〜と運転手に言われてたので)。愛するアイスで我慢我慢。夕方には都内に帰りました!

f:id:shutashooter:20160608233004j:plain

 

【まとめ】

初めてのテント泊でしたが本当にいろんなことがありました笑  でもテント泊自分の想像以上に快適でした!!そして金峰山瑞牆山ともに登りがいがある楽しい山でした!人気があるのもうなずけるなぁ〜いろんな意味で思い出に残る登山になりました!あ〜テント泊また行きたい!すぐにでも!!
 

【P.S.】

バスが途中寄ったハイジの森、私気になります!!

f:id:shutashooter:20160608233003j:plain

 

ウェブサイトで登った山の写真を公開しています。よければご覧ください。瑞牆山の写真も公開中です!

go-onfoot.com