on foot

30歳から始める趣味…それは登山!!

【テント泊】日本百名山・金峰山&瑞牆山登山!初めてのテント泊は山あり谷あり(金峰山編)

5/28・29に奥秩父の盟主・金峰山そして大ヤスリ岩が有名な瑞牆山に登ってきました。日本百名山の2座を一気に欲張り登頂!そして初めてのテント泊!!さてどうなることやら?

f:id:shutashooter:20160605100911j:plain

※今回は長くなりそうなので前後編に分けてお送りします。

 

【ルート】

JR韮崎駅-みずがき山荘(1,520m)-富士見平小屋(1,812m)-大日小屋-大日岩-金峰山山頂(2,599m)-大日岩-大日小屋-富士見平小屋(1,812m)
 
金峰山への登山は増富温泉、大弛峠、廻目平などいくつかあります。今回は瑞牆山への縦走を考えたので増富温泉からのルートで入り富士見平小屋で1泊というプランニングを行いました。割とポピュラーなコースなので山と高原地図の上の方に載っています。
山と高原地図 金峰山・甲武信 2016 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 金峰山・甲武信 2016 (登山地図 | マップル)

 

 

 

【ふりかえり】

今回はテント泊ということで僕の持っている一番大きなザック(52L)にパッキングしました。あーでもないこーでもないと試行錯誤しながらなんとか収めることができました。参加していたテントむし講習会で勉強したことが非常に参考になりました。
 
ザックの重量は約12.5kg…お、重い…普段日帰り登山で30Lのザックしか使っていないので背負ってるだけでかなり体力消耗しそうです笑

f:id:shutashooter:20160605100832j:plain

 
都内から始発でJR韮崎駅まで約4時間、そこから登山口のあるみずがき山荘まで1時間ほどバスで移動になります。移動時間は約5時間と長旅でした。バスは本数も少なくマイクロバスなので座れないと1時間以上立ちっぱなしになります。今回は座れましたが立ちっぱなしは結構大変そうでした。駅に着いたらバス停までDASH!
 
10:00頃にみずがき山荘に到着。人気もある山なのですでにかなりの人がいました。公共交通機関よりも車でのアクセスがしやすいようです。関西からのツアー客も結構来ていたようでした。

f:id:shutashooter:20160605100835j:plain

 
軽く準備運動後早速テント設営予定の富士見平小屋まで登ります。最初ペースが全くつかめずについつい日帰りと同じペースで登ってたらすぐに息が切れました。しんどい!!脚にきます!!ヒイコラいいながら30分ほどで富士見平小屋に到着。即ザックは下ろしました笑

f:id:shutashooter:20160605100839j:plain

 
小屋で幕営料1,000円を支払いテント設営を行いました。山と高原地図では10張と記載されていますがそれ以上の設営が可能でした(写真に写っているだけでも20張以上あります)。広いので混雑もそんなにない感じ。事前に練習していたおかげで割とスムーズに設営完了!

f:id:shutashooter:20160605100838j:plain

 

僕のテントは登山用品界のユニクロことモンベルのステラリッジ2です。テント場でよく見るタイプですね笑 テント場を見回すと割といろんな種類のテントがありましたがモンベルとアライテントがダントツで多かったです。
テント場設営後軽くランチを摂ってまずは金峰山に向かいました。富士見平小屋から金峰山までは片道約3時間。標高差はさほどありませんが距離がちょっと長いです。暗くなる前に戻るためにも気持ち急ぎ目で進むことに。不要な荷物を置いてきたので身体が軽い♪ドラゴンボールの修行みたい笑

f:id:shutashooter:20160605100841j:plain

 
 序盤は樹林帯を進みます。倒木等も所々ありますがどれも登山道にかかっていないので歩きやすかったです。また登りだしが遅かったのでかなり空いていました。

f:id:shutashooter:20160605100842j:plain

 
ちょうどシャクナゲもシーズンのようで満開になっていました。キレイ!!

f:id:shutashooter:20160605100844j:plain

 
富士見平小屋から30分ほどで大日小屋到着。時間がもったいないのでスルーして進みます。

f:id:shutashooter:20160605100845j:plain

 

大日小屋からちょっと急登になりますがまもなく大日岩に到着。

f:id:shutashooter:20160605100852j:plain

 

ここまで来ると展望が良くなります。振り返れば南アルプスが見れます!

f:id:shutashooter:20160605100849j:plain

 

八ヶ岳もいつか登りたい!

f:id:shutashooter:20160605100851j:plain

 
大日岩から再度樹林帯を進みますがしばらく行けば森林限界で視界が開けます。

f:id:shutashooter:20160605100855j:plain

 
南アルプス八ヶ岳だけでなく富士山も雲の間から見えました!

f:id:shutashooter:20160605100914j:plain

 

天気はやや曇り気味でしたが見るたびに表情が変わり飽きません。雲の上に乗った気分です♪ヒューッ!!

f:id:shutashooter:20160605100906j:plain

 
片側が断崖絶壁となっていますが落ち着いて進めば問題ありません。360度景色が楽しめるので景色に見惚れてよそ見しすぎないようにしましょう笑
f:id:shutashooter:20160605100908j:plain 

 

稜線に先に目的の五丈岩が見えますがまだそこそこ遠い!!ヤキモキせずにのんびり進みましょう!

f:id:shutashooter:20160605100915j:plain

 

後ろを見ると随分進んだことがわかります。遠くに八ヶ岳、手前には翌日登る予定の瑞牆山も見ることができました。

f:id:shutashooter:20160605100917j:plain

 

僕もここでラストスパート前に最後の休憩タイム。これ、大豆ですから(キリッ)!!
 

f:id:shutashooter:20160605100916j:plain

 

 その後ほどなくして山頂に到着(ほぼコースタイム通り)!日本百名山男体山大菩薩嶺に続きこれで3つめ!!人気がある場所なのでいつも人が多い印象でしたが時間がずれていたのでかなり空いていました。ラッキー!!

f:id:shutashooter:20160605100921j:plain

 
そして金峰山といえば五丈岩!!近くで見ると本当に大きいです!!ヨガの戦士のポーズをとって比較してみましたが大きさがわかると思います。ついでにカラスも写っていました笑 ちなみに五丈岩と金峰山山頂はちょっと位置が違います。注意しましょう笑

f:id:shutashooter:20160605100922j:plain

 
山頂で再度栄養補給して下山というところでトラブル発生!!どうも足取りがというか身体が重い…どうやら軽い熱中症になっていたみたいです(本当は山頂到達時点にはなんとなく気づいていましたが...)。長い行程なので水分を少しケチりながら進んだのががまずかったです。山頂からテント場のある富士見平小屋までは2時間半弱…のんびり行けば大丈夫!…多分。

f:id:shutashooter:20160605100919j:plain

 
景色が本当に良いので万全ならめちゃくちゃテンション上がるところなんですが…笑 万が一のことを想定しながら進みました。

f:id:shutashooter:20160605100923j:plain

 
樹林帯では光が差し込んで気持ちが良いんだけどなぁー!

f:id:shutashooter:20160605100930j:plain

 

秩父の苔感も良い感じなのに…

f:id:shutashooter:20160605100929j:plain

 

ピストンなので帰りは省略しますが暗くなる前になんとかテント場に到着。着替えを済ませて夕飯も食べずにすぐにシュラフに潜り込みました。

f:id:shutashooter:20160605100936j:plain

 
夜は具合の悪さがピークに達してトイレに駆け込みましたがどうやらそれがピークだったようでそれ以降は快方に向かいました。もちろん朝までに体調が直らなければ下山するつもりでいましたがひとまず安心。
 
トイレに駆け込んだ後にふと空を見上げると星が本当に良く見えてすごかったです!!天然プラネタリウム!!!

f:id:shutashooter:20160605100932j:plain

 
なかなか波乱続きのテント泊1日目はこうして終了していったのでした笑  そんなこんなで今回はここまで!2日目に続きます〜!次回の更新をDon't miss it!!
 

【P.S.】 

ウェブサイトで登った山の写真を公開しています。よければご覧ください。金峰山の写真も公開中です。

go-onfoot.com