読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

on foot

30歳から始める趣味…それは登山!!

【日帰り】丹沢・畦ヶ丸登山!マイナスイオンは良いイオン♪

日帰り 登山記録 丹沢・箱根

みなさんGWはいかがお過ごしでしょうか?僕は5月1日に丹沢にある畦ヶ丸(1,292m)に行ってきました。展望はありませんがマイナスイオンを浴び日頃のストレス発散してきました。

f:id:shutashooter:20160505141207j:plain

 

【ルート】

西丹沢自然教室(540m)-下棚-本棚-善六ノタワ-畦ヶ丸山頂(1,292m)-畦ヶ丸避難小屋(1,275m)-大滝峠上-一軒家避難小屋(800m)-大滝橋バス停(450m)
 

【ふりかえり】

畦ヶ丸は西丹沢に位置する標高1,292mの山です。ゴールデンウィーク中は人が多そうな鍋割山や塔ノ岳は敢えて外してみました(以前に登ったこともありましたし)。展望もないのであまり人気ないと思いますが道中に大きな滝(下棚・本棚)があるのがポイントです!

f:id:shutashooter:20160505141131j:plain

 
小田急新松田駅からバスで西丹沢自然教室まで向かいます。

f:id:shutashooter:20160505141128j:plain

 

西丹沢自然教室までは1時間以上かかります。表丹沢と比べると遠いのがちょっとネックですね。 途中で丹沢湖を見ることもできますし意外と飽きないかもしれませんが行きは半分以上寝ていました。

f:id:shutashooter:20160505141129j:plain

 
西丹沢自然教室に着くと登山届の提出を求められます。施設内に書類等はあるので必ず記入しましょう!職員の方たちも非常に親切で危険ルートの有無、オススメスポットなど教えてくれます。西丹沢自然教室は西丹沢の山々(檜洞丸、大室山、加入道山、畦ヶ丸など)を登る時の起点になるので登山者が結構いましたが畔ヶ丸に登る人はそんなに多くなかったです。多くは檜洞丸登山だったのかな?すごくいい天気だったのできっと展望が最高だったろうなぁー!

f:id:shutashooter:20160505141130j:plain

 
序盤は沢伝いに進みます。

f:id:shutashooter:20160505141135j:plain

 
堤堰があるので数ヶ所越えていきます。近づくと大きくて迫力ありました。

f:id:shutashooter:20160505141139j:plain

 

ところどころ沢を渡ります。飛び石もあるので渡る時は注意が必要ですがこういうルートはあまり経験がないので結構テンション上がります!!

f:id:shutashooter:20160505141136j:plain

 

水は冷たく澄んでて気持ちがいいです。

f:id:shutashooter:20160505141142j:plain

 

40分ほど歩くと下棚への分岐があります。下棚は落差約40mの滝です。ルートから少し外れますが5分ほどで到着できるのでぜひ寄ってみてください。カメラの画角に収まらないくらい大きくて見応え十分です!!思わず絶え間なく愛を注いでみまたくなります♪

f:id:shutashooter:20160505141141j:plain

 
登山ルートに戻って数分歩くと次は本棚への分岐があります。本棚は落差約70mの滝です。で、で、でかい!!
f:id:shutashooter:20160505141143j:plain
 
近くまで寄れるので水しぶきがっマイナスイオンがっ!!溢れてくるっ!!!日頃のストレスもぶっ飛びました♪ちなみに「棚」とは「滝」を指す言葉で西丹沢の滝は◯◯棚と呼ばれるものが多いようです(へぇ〜)。

 

本棚までは緩やかな登りでしたが以降はようやく普段の登山ルートっぽくなります。そんなに急登ではありませんが鎖が設置してあるところもありました(鎖場というほどではないです)。ルート的にはあまりきつくないですが暑くて途中バテそうになりました。これからの季節は熱中症対策が必須ですね!

f:id:shutashooter:20160505141148j:plain

 
展望はほとんど開けることはなく一瞬見える程度です。

f:id:shutashooter:20160505141147j:plain

 

新緑の季節なので木々や花を見ながら進みました。終わりかけだけどトウゴクミツバツツジかな?関東の山で良く見る花です(へぇ〜・へぇ〜)。

f:id:shutashooter:20160505141149j:plain

 
約2.5時間で山頂に到着しました。山頂も展望はありません。
f:id:shutashooter:20160505141150j:plain
ビスマルク(ヴェルディ川崎)の形態模写ではありません。
 
スペースはそんなに広くはないですがそもそもマイナーな山なので大丈夫かと。山頂から少し歩くと畦ヶ丸避難小屋もあるのでそちらで休むというのも手かもしれません。

f:id:shutashooter:20160505141154j:plain

 
ケルンもあったので欧米式挨拶しておきました。ベンチが向かい側にあるので他の登山者の方々の視線が痛い…笑

f:id:shutashooter:20160505141152j:plain

 
下山は大滝橋バス停へ向かうルートを使いました。こちらのルートは登りルートよりも荒れている箇所がありました。危険というほどではありませんがところどころ注意は必要です。

f:id:shutashooter:20160505141155j:plain

 
倒木も道沿いに結構あったりします。長い時間放置され腐ってるようでしたが見るぶんには良い感じ!

f:id:shutashooter:20160505141159j:plain

 
 こちら側も花や新芽が本当にキレイでした。天候も良かったので空とも対比もGood!!

f:id:shutashooter:20160505141158j:plain

 

馬酔木(あせび)の花。有毒で馬が葉を食べると酔っぱらったようにふらつくことからこういう字になってるようです(へぇ〜・へぇ〜・へぇ〜)。

f:id:shutashooter:20160505141157j:plain

 
キジムシロとそっくりだけどミツバツチグリ、小ちゃくてかわいい(へぇ〜・へぇ〜・へぇ〜・へぇ〜)!

f:id:shutashooter:20160505141200j:plain

 

もう少し早い時期に来ていればミツマタも良さそうでした(もう完全に終わってましたが)。

f:id:shutashooter:20160505141202j:plain

 
下りも緩やかな道が続きます。緩やかな分歩く距離は登りよりも長いです。…とのんびり進んでいたところ浮石を踏んでしましい足を捻ってしまいました…Oh my!! 近くの沢で足を冷やして応急処置。少し腫れてましたが軽い捻挫なのでこのままGO。油断大敵ですね…反省。

f:id:shutashooter:20160505213758j:plain

 
その後歩くペースは落ちましたが大滝橋バス停に到着(下りはほぼ標準タイム)。帰りのバスは行きよりも混んでましたがギリギリ座れてラッキー!!帰りもほぼ爆睡で帰りました。

f:id:shutashooter:20160505141212j:plain

 

【まとめ】

畦ヶ丸は展望がないので序盤の下棚・本棚が一番テンションが上がる場所でした。今回と逆ルートの方が楽しみが続くかも?展望やスリリングを求めてる人にはオススメできないですがマイナスイオン浴びるにはすごくいいと思います♪

f:id:shutashooter:20160505141209j:plain

 

【P.S.】

新松田駅前のマニラ食堂…私、気になります!!

f:id:shutashooter:20160505141213j:plain

 

山と高原地図 丹沢 2016 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 丹沢 2016 (登山地図 | マップル)

 

 

ウェブサイトで登った山の写真を公開しています。よければご覧ください。

go-onfoot.com

 

今週のお題ゴールデンウィーク2016」